睡眠と健康の関係性

日々の暮らしを健康で暮らすためには、睡眠、食事、適度な運動が大事です。

今回はそのうちのひとつ睡眠について。

睡眠をしっかりととることが健康にとって大事になります。これは年をとるごとに顕著に表れてきて、10代や20代のころは4時間とか少ない睡眠時間しかとれなくとも身体はいうことを聞いて動いてくれていました。

しかし30代40代・・・と年を重ねるごとに、睡眠不足は身体に顕著に悪影響を与え始めるようになります。

では理想の睡眠時間は何時間でしょうか?

いろいろな研究データがありますが、理想は6時間半~8時間の間と言われています。

これには生活環境など個人差がありますが、おおよそこれくらいが理想だといわれています。

この時間より極端に短かったり、長かったりすると死亡率が高まってしまいます。つまり健康と遠のいてしまうという結果になります。

健康を維持しようと思うとやはり睡眠はかなり大部分を占める要因になってきます。しっかりと睡眠時間を確保し、健康を維持できるように努めましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>