水飲み健康法

一日2L以上の水を飲む健康法についてです。

水をたくさん飲むことで、血液がさらさらになり、たくさん排出物もでて美容にもつながるといわれている水飲み健康法ですが、まずは警告です。この健康法は誰しも当てはまるわけではありません。

水を飲みすぎると水毒になってしまう可能性があるからです。

水毒にかかると、水を飲んでも排出があまりされず、むくみなどが出てきて、めまいや頭痛、冷え性にも影響が出てきます。

飲んだ分しっかり排泄できればよいのですが、体調によって排出がなかなかされなかったり、個人差もあるので注意が必要です。

水飲み健康法が効果を発揮して、血液がさらさらになったり、美容効果が出る人もいますが、全ての人に当てはまるわけではなく逆に悪影響が出る場合があるということだけは頭に入れておいてください。

ここからは水飲み健康法の良い効果について。

血液がさらさらになり、全身に良く回るようになるので健康面や美容面でとても効果があるといわれています。ダイエット効果も出てきて、やせやすい体質になったりすることもあります。

水を飲むタイミングですが、一気に2L飲めと言われても無理があるので、しっかりと朝起きてコップ1、2杯。朝ご飯とともにまた飲む・・・など時間をおいてこまめにとるようにすれば、楽に2Lくらい飲めます。

自分の生活リズムと合わせてとるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>